1,2、3年生練習試合


9月23日はフロンティア富士宮の2、3年生と練習試合を行いました。

結果は、残念だったけどボールをキープすることボールをもらう事を考えながら、試合することができました。

先月の練習試合に比べて非常に成長がみられる試合になったことを実感しております。

ボールを大きく蹴って相手コートに進んだら一見すごい良いプレーに思いますが、やみくもに蹴ったボールには本人の意思がありません。

意思も意図もないサッカーを続けていたらサッカーを理解し始めこれから戦術やチームプレーに力を注いでいこうとする年代になったころには、試合の出場機会に恵まれない状況になるでしょう。

試合に勝つ、ゴール奪う、ゴールを守るというサッカーの本質的なところはどの年代でも非常に大切で選手として絶対に達成してほしいと願います。

ただ、それと同じくらい自分の考え、発想を持ってひとつひとつのプレーを大事にすること。

サッカーを生涯スポーツとして一生楽しめるように、INTRIORから海外で活躍する選手がでるように、欲張りだと思いますが、常にそんなことを考えながら指導しています。

この子達(1,2、3年生)は個性豊かで、非常に団結力があり、さらにとても負けず嫌い!!

何年か先が、ほんとに楽しみな選手ばかりです。

とはいえ試合はコーチも負けたくないですっ!!!!!!!!

もっとれんしゅうするぞ~


特集記事
最新記事